太陽光発電システムの構成

system_img太陽光発電システムの4つの基本的な装置(太陽電池パネル、架台、 接続箱、パワーコンディショナ)の役割を、簡単にご説明いたします。

太陽光発電システムの機器と役割

system_image

➀ 太陽電池パネル

太陽の光を電気に変換する装置で、太陽電池のひとつひとつの素子をセルと呼び、そのセルを配列して屋外で使用できるように強化ガラス等で保護してパッケージ化したものをモジュールと呼びます。
一般的には、このパッケージ化されたモジュールを太陽電池パネルと呼んでいます。
また、このモジュールを組み合わせて、屋根等に設置したものをアレイと呼びます。

➁ 架 台

太陽電池を屋根等に設置する際、固定する金属製のフレームを架台と言います。
屋根材に合わせて細かく分類されているほか、マンションや社屋などの陸屋根に設置する場合にはパネルに傾斜角を付けて固定させる架台など、用途に合わせて様々な種類があります。

➂ 接続箱

太陽電池で発生した直流電気の複数の配線を1本にまとめ、パワーコンディショナに送るための装置です。
屋外型のパワーコンディショナの場合、接続箱と一体型のタイプもあります。

➃ パワーコンディショナ

太陽電池で発電した直流電力を交流電力に変換するための装置で、日本で家庭用に供給されている電力は交流電圧となっているため、家庭で使用する場合も、そのまま商用電力系統に繋いで売電に回す場合も、交流電力に変換する必要があります。
電力会社の電線網を商用電力系統と呼び、売電の際はその系統に繋ぐため系統連系と呼びます。

(※注)基本的な装置と役割で、システムの仕様によっては昇圧装置などが必要な場合もあります。

電力区分

system_renkei

低圧連系

設備容量が、50kW未満の太陽光発電が契約区分となります。

高圧連系

設備容量が、50kW以上2MW未満の太陽光発電が対象となる区分です。

特別高圧連系

設備容量が、2MW以上の太陽光発電が対象となります。